日焼け後の肌ケア、色々あるけどオススメはやっぱり…

強い日差しに負けない日焼け止めの塗り方や、万が一焼けてしまった時の対処法について書いていきます。

日焼け後の肌ケアで大切なこと

セミの声も聞こえるようになってきました。
紫外線は5月から強力に降り注いでいるとはいえ、やっぱり外で遊ぶ機会や焼けてしまうという体感があるのは8月だと思います。

レジャーで焼けないために1番必要なこと

肌ケアのまえに、1番大切なことはそもそも焼けないことです。

とはいえ、今はほとんどの女子がなんらかのUVケアはしている時代。でも、それでも焼けちゃった…という人は後を絶ちません。

オーストラリアに在住しているた人が、とにかくレジャーでは日焼け止めの量が大切!ということを言っている口コミを目にしたことがあります。

たしかに、海なんかの日差しが強いところだと、ケチらずにしっかりと、軽く白くなるくらいに塗らないと焼けちゃうのが怖いです。

たまに行くビーチでアネッサやアリ―なんかを使っているという口コミも観たことがあります。その人によれば、なんでも現地の安めなUVクリームでも、ウォータープルーフなら個人的にそこまで変わらなかったとかなんとか。

最近では、医療機関専売品のUVケア「ナビジョン DR TAマイルドプロテクトUV SPF40・PA+++」なんかも出ています。まだ試したことはないですが、医薬部外品ということですが、成分や塗り心地なんかが気になります。

それでも焼けてしまったら

ただ、やっぱり人間だれでも失敗はあります。
リで遊んでたら日焼け止めを忘れていた…、ガッツリ日焼け止めを盛り込んだのにやっぱり焼けてしまった、ポケモンGoでうっかり焼け、ということはあります。

氷で冷やしたり、冷やした化粧水をたっぷり塗ったり…と昔からの方法も色々あります。

つい最近は、ファンケルから夏の紫外線で弱っているヘアを補修する「アミノリペアオイル」なんかも出ています。美容に敏感な女子は、UVケアは肌だけじゃなく髪の毛も、な時代なんですよね。

でも、徹底的にダメージを残したくないのであれば、やっぱり専門家の手にゆだねるのが安心です。

最近では、レーザーや美容点滴などのクリニカルケアなんかもありますが、そこまでいくとちょっと大げさな感じがしますよね。

気軽にプロの手によるケアを

美容整形に行くまででもないけど、セルフケアの上質版みたいな感覚で、エステの美白コースやフェイシャルコースという方法もあります。

最初の1,2回は、すごく安い値段でできるお店も多いです。

>>日焼け後のケア!お得にエステ体験♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です