ノンケミカルな日焼け止めなら!

本当に肌に優しい日焼け止めって実際はどれなのか、迷っちゃいますよね。
肌が弱いと、大人用の日焼け止めを使ったり、何も気にしないでUVクリームを使うと肌荒れや発疹が出てたり、ピリピリ痛くなってしまうということもあります。

「肌に優しい」や「無添加」と歌っている日焼け止め商品は多いですが、実際はどこまでなのか分からなかったりしますよね。

肌に優しい日焼け止めの見分け方

一般的に「低刺激」と呼ばれるサンケアクリームの見分け方を簡単に紹介します。

1,紫外線錯乱剤を使っていないこと

日焼けを防ぐには、2つの方法(成分)があります。

紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤の2つです。
今、世の中に出回っていて「肌に優しい」とされているのは、酸化チタンや酸化亜鉛を使った「紫外線錯乱剤」を使っている日焼け止めです。

紫外線吸収剤は、肌の上で化学反応が起きてしまうから負担がかかるとされているんですよ。

2,成分を見分けること(無添加推奨)

この「無添加」というのも、どこまで無添加なのかが問題ですが、まずは無添加と歌っているものにしましょう。

合成界面活性剤や合成香料、合成着色料やポリマーなんかは避けるほうが無難です。

また、人によってアレルギー反応する成分も違ってくるかと思います。その辺りはココで内容をチェックすることが大切です。

3,用途にあっSPF数値を選ぼう

一般的に、日焼け止めクリームにはSPFというUVBを防ぐ数値が書いてあります。SPF30とかSPF25とかいう数字がパッケージなんかに書いてありますよね。あれのことです。

一見すると数字が高いように見えるのですが、この数値は、紫外線防御率の高さではありません。

紫外線をガードする「時間」なんです。
高ければ高いほど、肌への負担も大きくなります。日常生活ではSPF20もあれば十分です。

レジャー用と毎日の生活用とは、日焼け止めを使い分けるほうが肌への負担は少なくなります。

オススメの肌に優しいノンケミカルな日焼け止め

何となくは分かったけど、でも実際どういうのを選べばいいのか…と思う人もいると思います。

紹介する下記ページでは、肌に優しくて使用感もいいということで人気の日焼け止めが上手くまとめられています。

ランキング以外でも、海外の日焼け止めや国内の低刺激な日焼け止めが色々紹介されているので、ひとつの参考にはなりますよ。

>>ノンケミカルな日焼け止めランキング!人気のオーガニック日焼け止め!